富山県の将棋界情報をお届します。富山棋界以外でも近県の情報や将棋に関する色んな情報も書いていきます。
by niseara
カテゴリ
全体
将棋大会
大会結果
県内強豪・成績優秀者
支部関係の情報
プロ棋界・奨励会・研修会
雑誌・棋書案内・新聞記事など
将棋漫画・小説など
イベント情報
TV・ビデオなどの情報
ネット関係
将棋雑学
ゲーム・将棋ソフト・玩具情報
詰将棋
本からの引用
その他
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
- Earth Drag...
ショウミホのWEB日記♪...
子供将棋スクール
妻の小言。
Kazumoto Igu...
のうりんのぶろぐ
最新のコメント
コメント見逃していました..
by elijahmadnar at 02:33
今年も8/20にバローこ..
by 高山将棋教室支部 at 20:05
山崎隆之八段の間違いでしょ。
by 123ん at 15:24
いつもお世話になっており..
by 富山将棋道場広報担当 at 22:11
開始日時:2017/06..
by 彡(゚)(゚) at 22:38
リンク
富山支部ホームページ
将棋雑談アレコレ
主に将棋動画 その他動画
富山将棋道場
YAHOO!JAPAN
アマゾン
日本将棋連盟石川県支部連合会
寺川唯子先生の将棋レッスン-補修-
ハンゲーム
将棋クエスト
囲碁クエスト
リバーシ大戦
チェスクエスト
将棋倶楽部24
日本将棋連盟
コンピュータ将棋協会
石川将棋事情II
NHK囲碁と将棋
囲碁・将棋チャンネル
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ動画
YOUTUBE
将棋DB2
将棋のデータベースサイト
日本将棋連盟支部伏木玖玖会
ぶぶと愉快な仲間たち~ぶぶ通信~
ツイッター
MIXI
藤子・F・不二雄ミュージアム
MASAラボ
光よりも速く
飛騨高山将棋事情
将棋タウン
梔子こみゅにてぃ
キロの将棋じゃーなる
富大ちゃんねる
将棋三昧
わんぱく店長のつぶやき
創作関連日記・メモ
聖子動画にハマリっぱなし
天下一将棋会2
詰将棋解答選手権 速報ブログ
将棋倶楽部24
関西将棋会館HP
詰将棋博物館
アマレン
81dojo
floodgate
キャベツ屋さん
読書メーター
アルカディア
小説家になろう
PIXIV
ライトノベル作法研究所
即興小説トレーニング
即興二次小説
書き出し.me
ハーメルン
アルファポリス-電網浮遊都市
小説家のたまご
ノベルジム
まりあの小説投稿
ノベラボ
怖い話投稿サイト 怖話
カクヨム
E★エブリスタ
note――つくる、つながる、とどける。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他( 276 )

第24回大山康晴賞

「第24回大山康晴賞」の受賞者は以下の通りに決まりました。

個人分野
中平邦彦

団体分野
公益社団法人全国高等学校文化連盟将棋専門部
鳩森八幡神社

[PR]
by elijahmadnar | 2017-07-20 02:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

「3月のライオン」上映時間

「3月のライオン 前編」の各映画館での上映時間は以下の通りです。

JMAXシアターとやま

9:40 12:30 15:20 18:10 21:00

TOHOシネマズファボーレ富山

9:10 13:45 18:35 21:25

TOHOシネマズ高岡

8:45 15:25 20:55

[PR]
by elijahmadnar | 2017-03-26 10:12 | その他 | Trackback | Comments(0)

桶屋北日本永世名人の寄稿文 (後)

桶屋郁夫北日本永世名人の寄稿文の後編です。


③「棋譜並べ」・・・今現在、私が1番行っている練習法が、実際に盤駒を使っての棋譜並べです。支部名人になるなど「絶好調」と言われた昨年度、自分の力をより高めるために、どのような練習を1日に何時間行えばよいかを真剣に考えたことがありました。練習メニューの時間配分は忘れましたが、その時の結論は「1日最低5時間」でした。しかし、現実問題として、昨年度は「40人学級」という公立小中学校の1教室最大人数を示す言葉通り本当に40人いる学級の担任で、さらに市教組の書記長という大役に当たっていたため、平日23時過ぎの帰宅は当たり前、そのまま翌日に突入ということもざらにありました。「最低5時間」は休日なら可能ですが、平日には夢物語の世界です。当然ながら4月末に西支部名人になる前からも、なった後の支部名人戦東西決戦までの約1か月も、その状況が続きました。(東西決戦前日の土曜日もPTA環境整備があり、主務者として午前中は仕事、それから東京へ向かった次第。)しかし、人間追い詰められると、その分真剣味が増すものです。例え平日に翌日帰りでふらふらになっていても、東西決戦までの約1か月の間、帰宅して食事後の約1時間は、どんなに眠くても、真剣に棋譜並べに取り組みました。(棋譜並べをしている途中、着手する姿勢のまま眠っていたこともあるので、「どんなに眠くても」は訂正。〈笑〉)さて、ここまでの話からすると、私は相当な努力家のように思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際は、上記のような日々や大学時代の詰将棋への取り組みなどは限定されたごくごく一時期だけの話で長く続くことはなく(反動で相当なまける)、全国大会で活躍しているトップアマ達のように、とことん勉強したという経験に乏しいのが私の実情です。30代の頃には、不甲斐ない内容で全国大会の予選落ちが4回も続いたことがありましたが、その頃は大会で指す以外ただの1局の実戦練習も棋譜並べもしていない有様だったので、今考えれば内容も結果も至極当然と言えます。(ものぐさに加え、仕事も忙しくて将棋のやる気がほとんどない中、負けてさらにやる気を無くすという負のスパイラル状態。)しかし、その分、精一杯やり切ったわけではないので、終盤の読みのスピードなど加齢と共に随分衰えた部分はありますが、総合力では努力次第でまだまだ強くなることが可能と感じています。また、いい加減な日々もあったからこそ、いつまでがんばることができるか分からない今を大切に、可能な限り少しでも努力していこうと考えています。(がんばればできるかもしれない可能性を具現化できないまま弱くなっていくのも悔しいですし・・・。)さて、そんな私が特に面倒がっていた棋譜並べをそれなりに行うようになったのは、オランダから戻って(3年間、オランダの日本人学校に勤務)2年目の平成25年度に、朝日アマ名人戦の北陸代表になったことがきっかけです。朝日アマは、何と17年ぶりの代表だったのに加え、帰国後初めての北陸代表で大変うれしく思い、富山のみならず石川・福井両県棋界のためにもがんばって勉強しようと始めました。全国大会では現朝日アマ名人の稲葉聡さんに1回戦で負けましたが、この時、継続的に努力することの心地よさと、棋譜並べの有効性を実感した次第です。ランニングでも何でもそうだと思いますが、練習を重ねることで実力はもちろん、ハードな練習に耐える力が高まり、そこからさらに練習を積んでさらに実力が高まるという好循環に入るように、この時の経験が錆び付いていた私の棋力を高め、それまで大して取り組んだことのなかった棋譜並べを面倒くさがらずに行う基礎になったと考えています。ちなみにその前年度(大会で負けまくった帰国1年目)はマラソン大会に意欲的で、ウルトラマラソン(100㎞)に出場するなど、棋譜並べとは異質の面倒くさいことに取り組んでいました。結局、最後に出場したウルトラマラソンの70㎞地点で時間制限を喰らったことが「ランナー桶屋郁夫」としての限界を感じさせ、以後、マラソン大会には全く出ていません。将棋のことを思えば、あの時、完走していなくてよかったです。(笑)話を戻して、棋譜並べの具体的なメニューとしては、この時から現在に至るまで、羽生先生のものを中心に並べてきました。谷川、佐藤、森内戦の百番指しの本はもちろんのこと、ネット上で公開されていた百番以降の将棋もその都度プリントアウト&ファイルして並べました。(それに加えて、羽生戦の対局数が多い上位6名の棋士の棋譜も同様に)何でもやり出すとエスカレートしていく傾向は詰将棋やマラソン同様で、その後、中原VS米長、中原VS加藤、中原VS谷川の百番指しなども同様に並べました。(大山VS升田、大山VS中原は既に本をもっていたので、当然これも並べました。)25年度の朝日アマ全国大会や昨年度の支部名人戦東西決戦に向けての準備期間には、同じ対局者同士の対戦(VS)を全局並べてから次のVSへと移るやり方で進め、加えて、先後関係なく参考にしたい棋士(羽生先生等)側をもって並べるよう取り組んでいました。(棋風から両対局者の手を推測しやすくするため。尚、羽生戦においては、対戦者側から並べたり、戦型別に並べたりする取り組みも行いました。)幸い28年度も朝日アマの北陸代表になったので、今現在は、「谷川VS羽生100番勝負、大山全集、棋聖天野宗歩手合集」の3冊を1局並べるごとに本を交換して取り組んでいます。1局ごとに本を換える理由は、これまで何回も並べてきたので、いかに衰えた現在の私の記憶力でも、さすがにある程度は覚えているという局面が増えたためです。見たことがあるというだけの知識や各棋士の棋風のイメージに頼らず、少しでも自力で局面を把握し、手を読むための工夫として、今は以前とは違う並べ方をしています。尚、3月に行われる朝日アマ全国大会まで、平日はどんなに眠くても途中で眠ることなく(笑)1日最低3局は並べていくつもりです。(もっと並べたいのですが、与えられた持ち時間が少なく、少しでも無理をするとすぐに続かなくなるので・・・)1局は約8分で並べていますが、限られた時間の中で少しでも集中し、「1手に対する気付き」を増やすことに留意しています。(自分側の棋士の先後だけ確認すれば、後は手が勝手に動いてくれるので、何気なく並べていると、ただの目と手の運動になってしまい、気付きもなく、頭に何にも残らないパソコン上の猛スピード鑑賞と同じになりがちです。棋譜並べは「手の記憶」が残る分、少しましですが・・・。)尚、プロの先生方がタイトル戦の検討などでたまに行っている、局面を左右対称形にする技も取り入れてみたことがあります。(普通の定跡型でも、違和感大ありの将棋に見えますよ。興味のある方は1度お試しください。)より詳細に1局の将棋を調べるには、先手側からと後手側からの視点のみだけではなく、それらの左右対称形を検討することも必要と私は考えています。そこで、棋譜並べをする際には将棋盤を4面出し、1手進めるごとに通常形に加えて「ひふみんアイ」や、それらの左右対称形も並べて検討したことがありました。いざ取り組んでみると予想以上に時間がかかり、肝心の検討についても気付きが少なく疲れるのみだったので数日で止めました。しかし完全に懲りてはいないので、いつかまた工夫を加えて試してみたいと思っています。(時間短縮のために鏡を並べるなど。詰め将棋も1冊で4倍楽しめるかも!?)ところで、「ひふみんアイ」で思い出しましたが、加藤一二三先生のB1時代に棋譜並べについて直接伺ったことがあります。すると加藤先生は、「私は、1局の将棋を約1時間かけて、1日に5・6回並べています。(先後も入れ替えながら)するとタイトル戦の将棋でも、対局者(ほぼ羽生先生を意識)よりいい手が見えるんですよ。」と、にこやかながらも真剣に話され感心した思い出があります。(あまりの天真爛漫さに笑いも)実戦の話題にも大いにつながりますが、棋譜並べについてのまとめとしては、棋力向上を目指すならば、限られた時間の中でいかに真剣に質の高い、自分にあった取り組みを行うことができるかが大切と考えます。(当たり前すぎますが、実践が重要かつ難しい点です。)とにかく、棋譜並べはレベルアップには欠かすことのできないおすすめの練習法だと、今の私は確信しています。尚、総括としては、詰め将棋・実戦・棋譜並べ等、練習法のジャンルを問わず、上達を目指すならば「真剣さ」と「継続」が共通する重要ポイントかと思います。

 以上、長文ながら言い足りないことも多々ありましたが、自己開示を含めながら、どなたかの上達の一助になればよいという思いと、いつもお世話になっている村上義和支部長並びにブログ運営者の荒木秀雄さんをはじめ、これまで寄稿文を披露してくれ印象に残る3名の方々(本人同様文体も誠実だなあと感心させてくれる山田靖治さん、オランダでも爆笑させてくれた古崎宏二さん、いつもよい刺激を与えてくれる中平寧さん)、その他県棋界の多くの方々への感謝の気持ちとささやかな恩返しの意味を込めて、自分の将棋の練習法を述べさせてもらいました。それでは、皆様にとって今年もよい1年になりますように!!
                      平成29年1月吉日 桶屋 郁夫
[PR]
by elijahmadnar | 2017-01-04 12:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

桶屋北日本永世名人の寄稿文 (前)

桶屋郁夫北日本永世名人の寄稿文です。(長文のため2回に分けての掲載となります)


本ブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
今年も皆様お元気で、よい1年になりますように!!

改めまして、明けましておめでとうございます。初の寄稿となる桶屋郁夫です。「富山県将棋情報」も12年目ということで、おめでとうございます。どんなことでも続けるのはとても大変なことだと思いますが、県棋界にとって本ブログが貢献した働きは非常に大きいと思います。運営者の荒木秀雄さんにおかれましては、これまでどうもありがとうございました。また、これからもよろしくお願いいたします。

 さて、年末に「本ブログの登場回数」の記事を見ると、驚きのあまり思わず目を疑いました。不落の1位の古崎宏二さんを抜いて、なんと私が1位とは!?思えばこれまで、本ブログには大変お世話になってきました。そこで、せっかくの機会なので荒木さんに連絡をとり、寄稿の運びとなった次第です。題材は、私の将棋の練習法にしました。参考までに、ご覧ください。
 
①「詰将棋」・・・並べるのもありだと思いますが、実戦の読みにも役立つので、私は頭の中だけで詰将棋を考えることにしています。昔話をすると、大学時代は伊藤宗看・看寿両先生の「詰むや詰まざるや」に取り組んだことが、手を読む力を大いに高めてくれたと断言できます。最も思い出深いのが看寿先生の「寿」611手詰。途中、無限ループに陥る筋にはまり、どう考えても不完全作に違いないと思っていましたが、我慢して解答を見ず、取り組み開始から約1年後に正解手順を発見した時には本当に感動し、看寿先生のお姿を想像しながら、心の底からお礼を言いました。それ以降、奥薗幸雄氏の「新扇詰」873手詰は約3か月で、山本昭一氏の「メタ新世界」941手詰に至っては、取り組み開始時刻から雑用や散歩等も含めた約6時間後、富山駅のステーションデパートで鍋焼きうどんを食べている最中に全ての変化を読み切るなど(笑)、読みのスピードが飛躍的に早まりました。最後の難関、橋本孝治氏の最長手数記録作品「ミクロコスモス」1519手(今は修正されて1525手)は、まとまった時間がとれそうもなくスルーしていましたが、30代半ば頃、今やらねば一生できないと突然思い立ち、職場の冬休み期間に10日ほどかけて、自宅のこたつの中で読み切りました。
 思い出話が長くなりましたが、今の自分にはそんな解図力も、詰将棋にあてる時間もありません・・・。定期購読している詰将棋パラダイスも、「幼稚園」まで解いて終わる月が多々あります。(昔は「大学院」まで解けたのに・・・)毎日少しずつでもいいから鍛えていれば、あの頃の力がそれなりにキープされていたかもしれず(東京の友人、竹中健一さんがよい例)残念な気持ちもありますが、限られた時間の中で今後、どの位詰将棋に取り組むかについては、本文を書きながら今一度考えて直してみたいと思いました。尚、時間を計って同じ詰将棋の本(100~200問程度あるもの)を毎日繰り返し読むという取り組みも効果的な練習法の一つかと思います。(本を逆さにして、自玉側から読むのも実戦のために有効と考え、今でもたまに実践しています。)時間を計ることで、終了タイムが早くなってくると自信がつきますし、どの位取り組み期間を空けると、どの位タイムが遅くなるか等も見えてくるという利点もあります。(一時期流行った百ます計算同様)反面、10~15年ほど前の記録と比べてあまりに遅く、いやになって取り組みを止めたという経験もありましたので、練習を続けるにはある程度短期のスパンで考え、現在の取り組みや進歩を楽しむスタンスがよろしいかと思います。手数も、その時々で自分が手頃と感じるものがよいでしょう。時には殻を破るために、大学時代の私のようなオーバーワークも必要でしょうが、それだと負荷(時間とストレス)があまりに大きく、何より長くは続きません。手を読む訓練として詰将棋は欠かせませんが、自分にあった方法で「継続は力なり」を実践することがレベルアップにつながる取り組みかと考えます。

②「実戦」・・・上達のために、実戦が大切なのは当たり前。ただ、1局1局をどのくらい真剣に指すのかが、棋力向上にはとても重要になってくるかと思います。自他の棋力や持ち時間の制約等にかかわらず、少しでも多くの真剣な1手を積み重ねていくことが上達につながる道だと、本文を書きながら感じる次第です。「将棋倶楽部24」が出だした頃には、ネットで将棋を指せること自体が新鮮でとても楽しく、休日には朝から晩まで早指しで、約30局以上指していた時期もありました。中には、あの伝説のデクシー(dcshyi)先生を相手に難解な詰みを逃して負けたという将棋もありましたが(大いなる自慢)、逆に相当点差のある相手にひどい逆転負けを喰らうなど、大概は指の運動レベルの内容に過ぎず、いくら対局数を重ねて直感が早く浮かんでも、その質を高めるまでには至らないことが多かったので、あの時期は「時間の浪費」だったと反省しています。尚、棋力を問わず誰でもレーティングの上がり下がりはあるかと思いますが、私の場合、点数が高い時や自己ベストを更新していった時には、やはり1局1局を真剣に指していました。(指しても1日1・2局に限定)書きながら気付きますが、大会でもやはり勝ち上がるにつれ、真剣味が自然に増していくのは共通点と言えましょう。(強い人ほど、予選からでも気の緩みやブレが少ないものですが・・・。)さて、今現在、ネット将棋はたまに指す程度で、(数か月指さない時もあります。)毎週木曜日に黒部市コミュニティーセンターで開いている「飛世将棋道場KUROBE」や、勤務校(小学校)で休み時間等に子ども達相手に指している対局数の方が圧倒的に多いです。大半は8枚落ちですが、何番も指しているおかげで、上手側の優秀な戦法を編み出すことができました。(笑)勤務校の休み時間には、授業開始時刻まであと約2分というところで、超早指しの子に1分切れ負けを挑まれることもあります。(当然チェスクロック使用。教室に4つ置いてあるので、多くの子が棋力以上に時計の扱いに慣れています。〈笑〉)勝負は当然受けて立ちますが、本来の手合いの8枚落ちだと時間責めで苦戦が予想され、短時間でスパッと切るためにも平手で指しますが、絶対に二歩など打って負けるわけにはいかず(先生に平手で勝ったとずっと言われる・・・)、尚かつ少々無理筋でも早く寄せないといけない(授業時間に将棋を指していると言われる・・・)ので、その場合は超本気を出してやっつけます。(大人気なや・・・)ここで宣伝させていただくと、黒部市コミュニティーセンターで開いている「飛世将棋道場KUROBE」は、基本子ども達が対象ですが、大人の道場破りの方も大歓迎ですので、近隣の方はいつでもお越しください。(毎週木曜午後5時~8時、参加費無料)参加した人が気軽に将棋を楽しむ場になればよいと考えています。話を戻して、実戦についてのまとめとしては、繰り返しになりますが、自他の棋力、持ち時間の制約等にかかわらず、少しでも多く真剣な1手を積み重ねていくことが棋力向上につながり、結果として充実した時間も増えるのではないかと考えます。「言うは易く行うは難し」ですが、自分自身、今後より一層がんばりたいと思います。
[PR]
by elijahmadnar | 2017-01-03 22:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

本ブログ開始から12度目の正月です。本年も宜しくお願いします。
[PR]
by elijahmadnar | 2017-01-01 00:00 | その他 | Trackback | Comments(2)

本ブログの登場回数(’16)

今年(’16)の本ブログの登場回数です。(アマチュアのみ)(藤原大生君は今年8月に奨励会に入会しましたが今回はアマチュアとしてカウントしました)

1位 桶屋郁夫   (17回)
2位 古崎宏二   (15回)
3位 藤原大生    (14回)
   野原未蘭   (14回)
5位 中平寧    (12回)
6位 山田靖治   (11回)
7位 平井裕貴    (8回)
8位 富樫充     (7回)
9位 沖昌幸     (6回)
    館知太郎     (同)
   浦上莉穂     (同)
   大田健祐    (同)
[PR]
by elijahmadnar | 2016-12-31 00:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

女流棋士の春

香川愛生女流三段主演の短編映画「女流棋士の春」(原作・脚本家のイシイジロ)12月17日(土)~23日(金)の1週間、下北沢トリウッドで上映されます。
[PR]
by elijahmadnar | 2016-12-16 10:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

「聖の青春」上映時間

TOHOシネマズファボーレ富山での本日の「聖の青春」の上映時間は以下の通りです。

10時05分 12時45分 15時25分 18時05分 20時45分

[PR]
by elijahmadnar | 2016-11-20 08:25 | その他 | Trackback | Comments(1)

ベンチプレス大会

11月13日(日)に高岡市長慶寺のスポーツ・レクリエーションホームで「高岡市パワーリフティング・ベンチプレス大会」が開催され、荒屋秀樹さんが93kg級で出場して145kgの記録で優勝しました。
[PR]
by elijahmadnar | 2016-11-17 14:30 | その他 | Trackback | Comments(0)

東京・将棋会館の休館

11月29日(火)~12月13日(火)の間、東京・将棋会館が配管改修工事のため休館となります。
[PR]
by elijahmadnar | 2016-11-06 23:52 | その他 | Trackback | Comments(0)